このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年中途入社

日高 菜月

WEBメディアチーム
【2021年9月 入社】
「デザインって、根底にぶれない軸や思いがあるからこそ、見せるべき情報の取捨選択ができて、いいなってモノが出来ると思うんです」
キラリオでそんなデザインを作りたいと語るのは、インタビュー時点で入社2か月目の日高さん。
2か月で見えた「キラリオらしさ」について話します。
WEBメディアチーム/日高 菜月

WEBメディアチーム……でも前職は介護!

新卒で社会福祉法人に入って、高齢者介護の仕事をずっとしていました。
ちょうど7年になりますね。7年の中で関連資格も色々と取りました。

もともと心理学の方に興味があって学校で勉強していたんです。
でもある日、学校のレクリエーションで障碍者と交流する企画があって。
その中で話をするうちに、社会福祉という分野に興味を持ったんです。
こうやって人を支える仕事もあるんだなって。
そこから介護の道に進むことを決めました。

転職のきっかけと、キラリオに惹かれたワケ

やりがいはあったんですが、高齢者介護の仕事ってこちらが頑張っても絶対に衰えていく方々が相手だったので。
自分の努力が結果として見えにくいという状況だったんですね。
その中で、数字が出る仕事、結果が残る仕事というものをしてみたいと思うようになったのがきっかけでした。

仕事と並行して、もともと趣味で水彩画とか、絵を描くのが好きだったんです。
描いた絵を自分のWEBサイトで公開することもしていたので、WEBには慣れ親しんでいました。
なので、新しく仕事をするならこの分野がいいと思って。
そうして転職先を探している中で見つけたのがキラリオでした。

キラリオの販売サイトを見て、動画や写真の多さや、使うイメージが膨らむ紹介の多さに驚いたんです。
商品を買った後、その商品が日常に溶け込んだ未来の姿まで想像できるネットショップという感覚で。
私もここで一緒に「日常に寄り添っていくサイトデザイン」を作っていきたいという思いで入社を決めました。

ゼロからスタートしたWEB業務

毎日、WEBに関する仕事全般を行っています。
日常の業務としては、新商品の販売ページの作成や再入荷商品の更新、オウンドメディアの更新、バナー制作、SNSのアップなど。
自社ホームページに関する部分と外部メディアに関する部分の更新業務ですね。
長い目で見た業務としては、今後の事業拡大に向けて、採用ページの作成を含めたコーポレートサイトのリニューアルとか。
自社イメージキャラクターの制作も行っていく予定です。

WEBメディアチームは立ち上げて始動したばかりで、今まで積みあげてきたノウハウも無いのでゼロから手探りの状態です。
ルーチン業務の中で長期的な業務に向けての時間を作ったり、アイデアを考えたり、初めてのことだらけで大変なこともたくさんあります。

でも、同時にワクワクしていますね。私は座右の銘が「10年後の理想の自分を想像して、いま目の前の出来事を判断する」なんです。改めて言うのもなんだか気恥ずかしいんですけれど(笑)
だから今、手探りしながら自分が発信して作っていく環境は「自分で選んだ楽しさ」があります。

怒涛の2か月の中で感じた「キラリオ」について

キラリオの魅力は「ほぼ自分たちの手で作っている、内製化していること」。
いいと思ったものを伝えるためのこだわりだと思うんです。
そのこだわりとか、好きなものを原動力に動くことが「キラリオらしさ」のひとつで、魅力の部分なのかなと感じます。
「キラリオらしさとは何か」についてここ2か月ほどで感じたものをもとに、これからも考え続けて、発信したいですね。

そのためにも、一緒に「キラリオらしさとは?」と考えてこだわれる人、引っ張り合える人と仕事ができればいいなと思います。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

WEBデザイナーに関連する求人票を見る